この度当館では、太宰治の生誕100年を記念して、「生誕100年記念 太宰治と美術-故郷と自画像」を開催することとなりました。

1 展覧会趣旨・概要

本県出身の作家・太宰治は、あまりにも有名な昭和を代表する小説家ですが、中学時代から美術にも関心が深く、生涯にわたり画家の友人たちと親密に交流したほか、作中にも様々な形で画家や美術作品が登場しており、太宰の文学において美術は重要な役割を占めていると言えます。
本展は、太宰治の生涯と文学を「故郷と自画像」をテーマに、画家の友人や美術との関わりを紹介しながら、太宰を育んだ青森の芸術風土なども展望できる、本県ならではの展覧会として開催するものです。

2 事業概要

  • 名称:生誕100年記念 太宰治と美術―故郷と自画像
  • 会期:2009年7月11日 (土) - 9月6日 (日)
      休館日:2009年7月27日 (月)
      開館時間:9:00 - 18:00 (入館は17:30まで)
  • 会場:青森県立美術館
  • 主催:青森県立美術館
  • 共催:青森県近代文学館
  • 助成:芸術文化振興基金
  • 後援:東奥日報社、陸奥新報社、デーリー東北新聞社、河北新報社、毎日新聞青森支局、読売新聞青森支局、朝日新聞青森総局、日本経済新聞社青森支局、共同通信社青森支局、時事通信社青森支局、NHK青森放送局、青森放送、青森テレビ、青森朝日放送、青森ケーブルテレビ、八戸テレビ放送、エフエム青森、コミュニティーラジオ局BeFM、FMアップルウェーブ、エフエムアジュール
  • 入場料:大人800 (600) 円 / 大高生500 (400) 円 / 小中生200 (100) 円
    ※ () 内は団体料金。常設展示もご覧になれます。

※詳細については、別添プレスリリース及びチラシをご覧下さい。

添付ファイル

2009年6月1日 19:44 | 展覧会