標記について下記のとおり開催いたしますので、取材について御協力をよろしくお願いいたします。

1 県民参加型演劇とは
青森県立美術館では、2005年「津軽」、2006年「戯曲 寺山修司論」、2007年「MIYAZAWA」に続いて、県民と青森県立美術館がともに制作する演劇、県民参加型演劇を制作します。
4年目となる今回は、ロシアの劇作家・小説家アントン・チェーホフの作品を題材とし、来年3月に弘前と青森で公演を行います。
これまでの県民参加型演劇では、出演者のみの公募でしたが、今年度の県民参加型演劇「ザ・チェーホフ」では、劇作家と出演者を、応募者の中から選考いたします。

2 オーディション・ワークショップ概要および募集人数
-劇作家の部
(1) 期日:2008年11月29日 (土) 、30日 (日)
(2) 時間:両日とも13:00 - (終了時刻17:00 頃)
(3) 場所:青森県立美術館シアター
(4) 参加者:
長谷川孝治青森県立美術館舞台芸術総監督
オーディション・ワークショップ参加申込者
(参加申込者の人数に関しては、応募申込み締切が25日必着ですので、26日以降美術館へお問い合わせ下さい。)
(5) 募集人数:3名程度
(6) 審査員:長谷川孝治青森県立美術館舞台芸術総監督
(7) 審査結果発表:2008年12月15日 (月)

-出演者の部
(1) 期日:2008年12月6日 (土) 、7日 (日)
(2) 時間:両日とも13:00 - (終了時刻16:00 頃)
(3) 場所:青森県立美術館シアター
(4) 参加者:
長谷川孝治青森県立美術館舞台芸術総監督
オーディション・ワークショップ参加申込者
(参加申込者の人数に関しては、応募申込み締切が12月2日必着ですので、12月3日以降美術館へお問い合わせ下さい。)        
(5) 募集人数:10名程度
(6) 審査員:長谷川孝治青森県立美術館舞台芸術総監督
(7) 審査結果発表:2008年12月15日 (月)

3 県民参加型演劇「ザ・チェーホフ」期日及び会場
弘前公演:2009年3月15日 (日) 於 弘前大学創立50周年記念会館
青森公演:2009年3月20日 (金・祝) 、21日 (土) 於 青森県立美術館シアター  

4 その他
参加申込者の希望日時の調整によっては、1日間のみの開催になることもあります。
恐れ入りますが、取材を希望する社は、別添取材申込書をFAXするか、来館前にご一報下さい。

パフォーミングアーツ推進チーム
電話:017-783-5243
担当:濱野、工藤


添付ファイル

2008年11月25日 14:35 | パフォーミングアーツ