「特集・たむらまさきの眼<マナグ>」

【青山真治監督来館!】弘前市出身の映画カメラマン・たむらまさき氏の撮影作品を上映します。


チラシ (PDF/2.1MB)

10月6日(金)~9日(月・祝)、13日(金)、14日(土)の計6日間に「特集・たむらまさきの眼<マナグ>」と題し、映画カメラマン・たむらまさき氏の撮影・監督作品を特集上映します。

1970年代から現在まで活躍を続ける、たむらまさき氏は青森県弘前市の出身で、当時若手であった相米慎二や青山真治、河瀬直美、黒沢清各監督作品に参加、各自の意欲的な映画世界の確立に尽力してきた存在であり、日本インディペンデント映画界を下支えしてきた重要なキーパーソンの一人でもあります。ドキュメンタリーからスタートしたキャリアを活かし、俳優や風景が魅せる一瞬を逃すことなく見つめた映像世界は多くの映画監督から大きな信頼を集めています。

第1週の上映作品は、津軽三味線の魅力に取り憑かれた青年を描く本県が舞台の『夢の祭り』や、同じく本県弘前市出身の佐藤真監督による『SELF AND OTHERS』をはじめとした、1970年代から2000年代までの撮影作品から厳選した6作品に加え、2014年、75歳にして映画監督デビューを果たした自身初監督作品『ドライブイン蒲生』を県内初上映します。

続く第2週は、多くの作品でたむらまさき氏とタッグを組んだ青山真治監督作品の中から3時間37分の大作『EUREKA ユリイカ』をはじめ4作品を上映、10月14日(土)には、その青山真治監督を迎えての《ゲストトーク》を開催します。

なお、公演タイトルの(マナグ)は、青森県津軽地方の方言で(眼)を意味します。

上映作品

『竜馬暗殺』(1974年・黒木和雄監督)
『熱海殺人事件』(1986年・高橋和男監督)
『夢の祭り』(1989年・長部日出雄監督)
『Helpless』(1996年・青山真治監督)
『萌の朱雀』(1996年・河瀬直美監督)
『EUREKA ユリイカ』(2000年・青山真治監督)
『SELF AND OTHERS』(2000年・佐藤真監督)
『月の砂漠』(2001年・青山真治監督)
『サッド ヴァケイション』(2007年・青山真治監督)
『ドライブイン蒲生』(2014年・たむらまさき監督)

ページトップ

上映スケジュール

10月6日(金)

  • 10:10 『竜馬暗殺』
  • 12:55 『熱海殺人事件』

10月7日(土)

  • 10:10 『夢の祭り』
  • 12:55 『竜馬暗殺』
  • 15:20 『EUREKA ユリイカ』

10月8日(日)

  • 10:10 『SELF AND OTHERS』
  • 11:50 『夢の祭り』
  • 14:05 『萌の朱雀』
  • 16:00 『ドライブイン蒲生』

10月9日(月・祝)

  • 10:10 『ドライブイン蒲生』
  • 12:30 『熱海殺人事件』
  • 14:50 『SELF AND OTHERS』
  • 16:05 『萌の朱雀』

10月13日(金)

  • 15:25 『月の砂漠』
  • 17:50 『Helpless』
  • 19:25 『サッド ヴァケイション』

10月14日(土)

  • 09:50 『Helpless』
  • 11:55 『EUREKA ユリイカ』
  • 15:50 ゲストトーク(ゲスト:青山真治)
  • 17:00 『サッド ヴァケイション』
  • 19:30 『月の砂漠』

■ゲストトーク
『EUREKA ユリイカ』、『サッド ヴァケイション』など多くの作品でたむらまさきさんとタッグを組んだ青山真治監督を迎え、ゲストトークを開催!(当日有効の「1日券」または「通し券」でご観覧可能です)

※開場は各日初回上映の10分前となります

ページトップ

会場

青森県立美術館シアター(全席自由)

ページトップ

料金

以下の3種のチケットを販売いたします。

1日券

上映日指定で当日の全作品をご覧いただけます。当日200円増し。(10/14はゲストトークも観覧可能)
上映日:10/6、10/13 前売1,000円均一
上映日:10/7~10/9、10/14 前売1,200円均一

【1日券販売プレイガイド】
ローソンチケット(Lコード:21367)/成田本店しんまち店/青森県立美術館ミュージアムショップ/ヒロロ/ELMインフォメーション/イオンモールつがる柏インフォメーション
※プレイガイドでの販売期間は、各上映日の前日までとなります。
※プレイガイドでの「ラスト1本券」「通し券」の販売はありません。


ラスト1本割引

上映日指定で各日の最終回上映のみご覧いただけます。事務局予約・当日受付のみで販売。(10/14ゲストトークは観覧いただけません)
500円均一


通し券

期間中の全上映をご覧いただけます。事務局予約のみでの販売。(10/14はゲストトークも観覧可能)
前売のみ販売 2,500円均一


事務局チケット予約

事務局へのEメール・電話・FAXにて、チケットのご予約が可能です。
以下の内容をお伝え下さい。
■予約者の氏名・連絡先(電話・FAX・メールアドレスいずれか)
■希望の上映日・券種・購入枚数
※予約受付は、各上映前日の17時まで(通し券は10月8日の17時まで)
※個人情報は厳重に管理し、本上映会以外の目的では使用いたしません。


チケット予約 お申し込み先:
青森県立美術館パフォーミングアーツ推進実行委員会 事務局
電話:017-783-5243(平日9時~17時)
FAX:017-783-5244
Eメール:eiga@aomori-museum.jp

ページトップ

上映作品詳細

『竜馬暗殺』
© 1974 映画同人社/東宝

1974年/118分/白黒/35mmフィルム上映
監督:黒木和雄
撮影:田村正毅
出演:原田芳雄、石橋蓮司、中川梨絵、松田優作 他
1867年、京都。坂本竜馬(原田芳雄)は“危険な思想家”として狙われていた。一方、かつての同志だった陸援隊々長・中岡慎太郎(石橋蓮司)は竜馬を狙わざるを得ない立場に追い込まれ…。
上映:10/6(金)10:10 / 10/7(土)12:55


『熱海殺人事件』
© 1986 (株)ヒューマックスシネマ
/(株)フジテレビジョン
/(株)仕事

1986年/117分/カラー/35mmフィルム上映
監督:高橋和男
撮影:田村正毅
出演:仲代達矢、志穂美悦子、風間杜夫、竹田高利 他
熱海で男が幼馴染みの女を絞殺する事件が発生。その捜査は、警視庁の二階堂伝兵衛(仲代達矢)に委ねられる。伝兵衛は「男の殺意を一級の文学作品に仕立ててみせる!」と息巻きはじめる。
上映:10/6(金)12:55 / 10/9(月・祝)12:30


『夢の祭り』

1989年/114分/カラー/35mmフィルム上映
監督:長部日出雄
撮影:田村正毅
出演:柴田恭兵、有森也実、佐野史郎、織本順吉 他
かつて、青森県津軽には聴衆の拍手によって勝敗を決める三味線競争があった。小作人の息子・健吉(柴田恭兵)は隣村の地主の息子・勇造(佐野史郎)に三味線競争で勝つことを夢見ていたが…。
上映:10/7(土)10:10 / 10/8(日)11:50


『Helpless』
© 1996 WOWOW/バンダイビジュアル

1996年/80分/カラー/35mmフィルム上映
監督:青山真治
撮影:田村正毅
出演:浅野忠信、光石研、辻香緒里、斉藤陽一郎 他
高校生の健次(浅野忠信)の前で、再会したばかりの仮出所中の安男(光石研)が怒りに任せ兄貴分を銃殺する。安男は健次に、妹のユリ(辻香緒里)と大切なバッグを預け、姿をくらまし…。
上映:10/13(金)17:50 / 10/14(土)9:50


『萌の朱雀』(もえのすざく)
© 1996 WOWOW/バンダイビジュアル

1996年/95分/カラー/35mmフィルム上映
監督:河瀬直美
撮影:田村正毅
出演:國村隼、尾野真千子、和泉幸子、柴田浩太郎 他
過疎化が進む村に持ち上がったトンネル工事計画。村に暮らす孝三(國村隼)も精力的に携わるが計画は頓挫。以後、孝三は働く気力を失い、苦しい家計の中、家族みな複雑な思いを抱えていて…。
上映:10/8(日)14:05 / 10/9(月・祝)16:05


『EUREKA ユリイカ』

2000年/217分/クロマティックB&W/35mmフィルム上映
監督:青山真治
撮影:田村正毅
出演:役所広司、宮崎あおい、宮崎将、斉藤陽一郎 他
2年前に起きたバスジャックの被害者・沢井(役所広司)は、同じ事件で心傷を負った、まだ幼い兄妹らと共同生活を始める。その頃、町では連続通り魔が発生。なぜか沢井が犯行を疑われ…。
上映:10/7(土)15:20 / 10/14(土)11:55


『SELF AND OTHERS』
© 牛腸茂雄

2000年/53分/カラー/16mmフィルム上映
監督:佐藤真
撮影:田村正毅
出演(声):西島秀俊、牛腸茂雄
36歳の若さで亡くなった写真家・牛腸茂雄(ごちょうしげお)。人間を撮ることに想いをかけた牛腸を、撮影地や残された写真・手記・手紙などと照らし合わせ見つめていくドキュメンタリー。
上映:10/8(日)10:10 / 10/9(月・祝)14:50


『月の砂漠』
© 2001/2003 「月の砂漠」製作委員会

2001年/131分/カラー/35mmフィルム上映
監督:青山真治
撮影:田村正毅
出演:三上博史、とよた真帆、柏原収史、萩原健一 他
恭二(三上博史)はITビジネス界の寵児となり成功を収めたが、徐々にそれも過去のものになっていく。転落し、妻子にも逃げられた恭二の傍らには、ふたりの写真やビデオだけが残され…。
上映:10/13(金)15:25 / 10/14(土)19:30


『サッド ヴァケイション』
© 間宮運送組合 2007

2007年/136分/カラー/35mmフィルム上映
監督:青山真治
撮影:たむらまさき
出演:浅野忠信、石田えり、宮崎あおい、板谷由夏 他
“間宮運送”では、かつてのバス事件の被害者・梢(宮﨑あおい)をはじめ、流れ者達を受け入れていた。偶然会社を訪れた健次(浅野忠信)は、自らを捨てた母(石田えり)の姿を見つけるが…。
上映:10/13(金)19:25 / 10/14(土)17:00


『ドライブイン蒲生』 (ドライブインがもう)
© 2014 伊藤たかみ
/キングレコード株式会社

2014年/89分/カラー/ブルーレイ
監督:たむらまさき
撮影:たむらまさき
出演:染谷将太、黒川芽以、永瀬正敏、小林ユウキチ 他
夫の暴力に耐えかね、沙紀(黒川芽以)が実家のドライブインに出戻る。弟の俊也(染谷将太)を連れ再び話し合いに向かうが、道中なぜか、ダメオヤジ(永瀬正敏)のことばかりが思い出されて…。
上映:10/8(日)16:00 / 10/9(月・祝)10:10


ページトップ

たむらまさきプロフィール

たむらまさき 映画カメラマン

1939年生まれ、青森県弘前市出身。人形アニメーションの撮影に携わった後、小川紳介監督『日本解放戦線 三里塚』(1970)で映画カメラマンデビュー。当時若手であった相米慎二や青山真治、河瀬直美、黒沢清各監督作品等に参加、各自の意欲的な映画世界の確立に尽力してきた存在であり、日本インディペンデント映画の支柱的存在になる。柳町光男監督『さらば愛しき大地』(1982)、河瀬直美監督『萌の朱雀』(1996)、諏訪敦彦監督『2/デュオ』(1997)で毎日映画コンクール撮影賞受賞。2002年、名前を「田村正毅」から「たむらまさき」に変更。2008年、文化庁芸術選奨映画部門文部科学大臣賞受賞。75歳にして『ドライブイン蒲生』(2014)で監督デビュー。

ページトップ

ゲストプロフィール

青山真治 映画監督

1964年生まれ、福岡県北九州市出身。『Helpless』(1996)で劇場作の監督デビューを飾る。以後、撮影のたむらまさきらとともに多くの意欲作を発表する。3時間半の大作となった『EUREKA ユリイカ』(2000)では、カンヌ国際映画祭で国際批評家連盟賞とエキュメニック賞をW受賞し、国際的注目を浴びる。また、評論活動も並行して行っており、その高い思索性を故郷の風土の中で展開させた『Helpless』、『EUREKA ユリイカ』、『サッド ヴァケイション』(2007)は“北九州サーガ”として現在も高い評価を受け続けている。

ページトップ

主催等

主催:青森県立美術館パフォーミングアーツ推進実行委員会/青森県立美術館
助成:芸術文化振興基金

ページトップ

予約受付・お問い合わせ先

青森県立美術館パフォーミングアーツ推進実行委員会 事務局
電話:017-783-5243(平日9時~17時)
FAX:017-783-5244
Eメール:eiga@aomori-museum.jp

ページトップ