横尾忠則展 入場者1万人達成!

1万人目の吉野さん
 
本日(11/4)閉幕の「横尾忠則の『昭和MIPPON』-反復・連鎖・転移」展が
1万人目のお客様をお迎えいたしました!

1万人目のお客様は、福島県福島市からお出でになられた吉野さん。
奥様とご一緒に当館に立ち寄られました。

今回は美術館をメインに、隣接の三内丸山遺跡へも足を運ばれるとか。

吉野さんは、
「びっくりしました。でも嬉しい。」
記念品の青森県立美術館所蔵名品選とオリジナルグッズを手に、笑顔でお話いただきました。


横尾忠則がかけぬけた昭和という時代を
デザイン、イラスト、絵画、版画などのジャンルを超えて
繰り返し描かれるモチーフを手がかりにしながら紹介している本展は
本日閉幕します。


 

あおもり県庁なうスペシャル 飯田統括監が横尾さんについて語りました

10月19日(金)の「あおもり県庁なうスペシャル」は、現在開催中の横尾忠則展展示室から配信されました!

スペシャル配信ということで、いつもより遅い18:10~19:20頃の時間帯でした
通常の配信時間だと仕事で見られないけれども、この日は仕事から帰ってきて間に合ったという声がたくさん寄せられたそうです!
視聴数も1,100人と大好評だったそうで!

今回の配信の内容は、
横尾展の話題にとどまらず、横尾さんや、横尾さんと親しかった三島由紀夫さんの話などなど、1時間ちょっとの時間があっという間のトークでした。
MCの千代谷さんはこの日に備えて、三島由紀夫さんの本を読んだりと、下調べをしてきたそうで、ご本人は付け焼き刃だと仰ってましたが、飯田統括監とかなり深い話をしていました。

見逃してしまった方はこちらでご覧ください!そして、横尾忠則展にぜひお越しください!!


Video streaming by Ustream

横尾忠則展で5000人目のお客様をお迎えしました!

5000人達成セレモニー
9月7日(土)から開催している横尾忠則展で、本日5,000人目のお客様をお迎えしました!

5,000人目のお客様となられたのは、青森市内にお住まいの方です。
おめでとうございます!!
記念品として、鷹山館長から、当美術館の「所蔵名品選」とオリジナルグッズをプレゼントさせていただきました。

本展覧会をとても楽しみにされていたとのこと。
10月9日(水)~11日(金)には、横尾忠則氏による公開制作も予定されていますので、ぜひまた来館していただきたいと思っています。

さて、横尾忠則展は11月4日(月・祝)までの会期となっておりますので、まだまだたくさんのみなさまのご来場、お待ちしております!

横尾忠則の昭和NIPPON展 ついに開幕!

制作中 完成
「横尾忠則の『昭和NIPPON』-反復・連鎖・転移」展がついに開幕しました!!
そして初日の9月7日(土)は、横尾さん本人による公開制作がありました。

横尾さんの代表的なモチーフであるY字路をプロジェクターでキャンバスに投影しながら制作。
今回制作された作品は、実は「塗り絵」で、今後、ワークショップを開いてみなさんに色を塗ってもらい完成させます!
どんな作品になるか楽しみですね!

本日より前売券の販売を開始します!

記者発表会 前売券
昨日、青森県庁県政記者室において、横尾忠則展の記者発表会が行われました。
鷹山館長と飯田美術統括監が出席し、記者のみなさんに向けて、横尾忠則展をPRしてきました。
今回の展覧会は、横尾忠則によって一貫して描かれてきた「日本」の戦前や戦後、そして時代の連続性を、作家が生きてきた「昭和」という時代を重ね合わせて捉え直していくものです。
昭和を生きてきた方も、昭和を知らない若い世代の方も、みなさんが楽しめる内容の展覧会になりますので、ご期待ください!

そして、本日より、前売券の販売を開始します!
ぜひみなさん、お買い求めください!

前売券販売所はこちら☆

ローソンチケット(Lコード23488)
チケットぴあ(Pコード 765-824)
青森県立美術館
青森県立美術館ミュージアムショップ
サンロード青森
さくら野百貨店青森店
成田本店しんまち店
青森県庁消費生活協同組合
リンクステーションホール青森(青森市文化会館)
青森市勤労者互助会
さくら野百貨店弘前店
紀伊國屋書店弘前店
日弘楽器
弘前大学生活協同組合
さくら野百貨店八戸店
中合三春屋店
八戸ポータルミュージアムはっち
ELMの街
鷹山宇一記念美術館
盛岡駅ビル・フェザン