ワークショップ「もうひとつのアレコをつくろう!」を開催しました!

なるちゃん むらりん にゃんちゅ〜
8月25日、十和田の法奥小学校児童やPTAのみなさんと、夏休みのワークショップ「もうひとつのアレコをつくろう」を開催いたしました。

…とその前に。
青森県美といえばアレコ!
青森県美では、マルク・シャガールが1942年に手がけたバレエ『アレコ』のための背景画を展示しています。
みなさん一度は、大きな部屋に3幕が垂れ下がっているのをご覧になった事はあると思います。
でも実はこれ、この世にもう1幕あるってご存知でした?
青森県美にあるのは、第1、第2、第4幕。第3幕は、アメリカ・フィラデルフィア美術館に所蔵されています。



そこで今回は…

じゃあアレコが青森にひとつ無いんだったら、創造して、同じ大きさで作ってしまおう!というワークショップを行いました。
まずは青森にある3つのアレコをよ〜〜〜〜くみて…。それぞれを読み解いていきます。
その上で、じゃああとひとつのアレコはどんなものだったらいいだろう?と、制作に取りかかります。
会場のワークショップBは、床面ぜーんぶ紙で埋まっていました。
そうなんです、アレコってこんなに大きいんです。
縦9m、横15mもあるんですから当然です。

今回鑑賞によって導きだされたもうひとつのアレコのテーマは、「とびっきり明るいアレコ」。
朝10時から夕方4時までかかって、体いっぱいにがんばって、やっと完成しました。
ちょっと時間が長いかなあ?と心配していましたが、児童のみんなは細かいところにまでこだわって、からだいっぱい使って熱中していたのが印象的でした。
(大人のみなさんはちょっと疲れてしまいましたね。。。)

今回のもうひとつのアレコには、法奥小学校の校舎やその周りの自然も描かれています。
いろんな要素がつまった、すてきな『法奥小的アレコ』が完成しましたね。
各登場人物が、どんな物語で描かれているか、みなさんわかりますか?(作品が大きくて写真に入りませんでした。。。)

学校と美術館の連携―蓬田小学校研究授業―

見本作品を鑑賞 創作 友達作品を鑑賞
美術館にはたくさんの学校が来てくれていますが、
子ども達が本物の美術作品を鑑賞するためだけでなく、
引率の先生の中には、鑑賞指導のヒントを探したり、
学校と美術館の連携を図ろうとしてくれている方もいます。

今日は美術館を飛び出し、蓬田小学校で行われた
東津軽郡小学校教育研究会図工部会の研究授業へ行ってきました!
対象は小学校2年生22名。テーマは「光」。
透明のビニール傘の内側にカラーセロファンを切り貼りして自分の世界をつくります。

はじめにゲストティーチャーを任命された当館エデュケーターが作品を披露。
プロジェクターの光に当てて、スクリーンに透過した光の色や形に注目します。
「魚や動物といった形を作ってもいいし、セロファンを手で裂いて偶然できた形を貼り合わせてもいいよ」
とアドバイス。
子ども達はセロファンをしっかりと貼り付ける子もいれば、一箇所だけ留めてひらひらを残した子も。
一人ひとり違ったこだわりを持って手が動きます。
傘をひっくり返したり回したり、傘をさした時どんな風に見えるかを見ながら、熱中して、かつ慎重に作業に取り組んでいたのが印象的でした。
見本の作品や友達の作品だけでなく、自分がした行為(貼る)によって
変化する作品を常によく観ています。
創作するということは、鑑賞することと切り離せない行為なんだと実感。

授業の後、先生方と意見交換をして終了。
美術館が学校で何ができるのか、これからも考えていきたいと思います。

Touch the Art!展 学校団体見学中!

作品1 作品2 縄文アート
15日から開催中の特別展「Touch the Art!展」。
この特別展は、視覚障害者の方にも芸術に親しんでもらいたいと企画されたもの。
縄文土器と同じ空間に、手で触れたり音を楽しめる彫刻作品が展示されています。

今日は板柳中学校美術部の皆さんが鑑賞に来てくれました!
2人1組になって、1人はアイマスクを付けて視覚障害を体験。
もう1人が手をひき、誘導と作品の補助説明をします。

やっとのことで作品に辿り着いても、作品がどんな形なのか、
その大きさ、素材、モチーフなど、アイマスクをした人に伝わるよう説明するのは至難の業。
四苦八苦しながらも生徒さん達は鑑賞を楽しんでいました。

実は彼らは8月21日に開催した「縄文アート制作ワークショップ」に参加し、
作品を制作した子ども達。
一人ひとりが制作した陶板は八角形ないし六角形の柱にはめ込まれ、
県立美術館内コミュニティホールと三内丸山縄文時遊館に共同作品として展示されています。
観なくても、触っただけで自分の作品が分かるかな?
ええ~?どれ?!
それでも作品と再会して笑顔がこぼれました。

Touch the Art!展は鑑賞イベントが目白押し。
随時ブログで紹介していきます。お楽しみに!

今年初のあおもり犬の創作です

あおもり犬 あおもり犬 あおもり犬
今年初めての「ちいさいあおもり犬をつくる」にお申し込みいただいた後潟小学校2年生のみなさんの様子をお伝えします!
まずは奈良美智さんの展示室を鑑賞し、あおもり犬をスケッチに。
あおもり犬は大きくて、描くのが難しいのですが、みんなどんどんスケッチを進めて行きます。
先生から伺っていたとおり、みんな図工が得意な様子で、本当によく形をとらえてくれました。
2年生なんですよ!スタッフ一同びっくりです。
スケッチのあと、ワークショップ室にうつって、紙粘土であおもり犬をつくります。
みんな、あおもり犬をつくるだけでは飽き足りず、
エサを作ってあげたり、馬にのせてあげたり、帽子をかぶせてあげたり。
作業はあっという間に完了!
この後も、美術館に展示されている他の作品を、じっくりとよく観てくれました。

よく観ることは、よく考えることにつながり、
よく考えることは、自分をよく知ることにもつながるということを、
いつか実感してもらえる日がくるといいなあ。
そしてその時に、少しでも、この日のできごとを思い出してもらえたらいいなあ。。。
なんて考えながら、スクールプログラムを実施しています。
いろいろ間違っていることもあると思うけれど、今信じていることを、
これからも、いろんな人たちに伝えていきたいと思いますのでどうぞ宜しくお願いします!
(と、なんだかかしこまってしまいましたが、、、)

次はどんな児童と会えるのか、スタッフ一同楽しみにお待ちしています!

今年度の創作プログラム第一号です!

怪獣デザイン 怪獣デザイン 怪獣デザイン
今日は、野辺地小学校の6年生のみなさんが、美術館を見学にきてくれました!
まずは、公開制作中の、伊藤ニ子さんの部屋から鑑賞。伊藤さんの言葉一つ一つが、みんなの心に刻まれていくようでした。
「私がなぜこのナイフを使っているかと言うと、とても描きにくかったからなの。全て簡単にできてしまってはいけないと思ったから。しかし、だからといって、このナイフと戦うのではなく、お友達になるの。今日もよろしくって言ってね。」
「みんなメモするのもいいけれど、メモばっかりすると、ノートばかりが頭がよくなって、自分自身がからっぽっていうこともよくあるわよ。」
みんな、どんどん二子さんのお話に引き込まれていきます。
「このナイフさわって見たい人?」
次々みんな手をあげて、触ってみようとするのですが、その瞬間、
「もっと体全体で受け止めて!こころで持つのよ!!しっかり持ちなさい!!」
ニ子さんがこれまでこのナイフを使って制作してきたそのこと自体を、みんな全身で受け止めなければいけないと、はっとした瞬間だったのではないでしょうか。

その後、常設展を観覧し、「怪獣デザイン」の創作へ移ります。
開館当初からプログラムにある、怪獣デザインですが、今年度は、ちょっと趣向を変えての開催!第一回目でしたので、わたしもとても緊張しました!
どんな風に違うかと言うと、最初にまず、グループごとにくじを引いてもらって、そこにかかれている指令通りの怪獣をデザインしてもらう、そういうプログラムになりました!
そこにかかれている指令に、すらすら描けちゃう子も、大苦戦する子も!
でも、このプログラムは、デザインの完成が目的ではありません。自分が興味もないようなことが、指令として出されるわけですが、その指令の中の、自分が気になる部分(好きなところ、嫌いなところ、疑問に思ったところなどなど)をみつけて、そのことについて深く考え追求していく。
デザインって、きっと、果たさなければ行けない目標や、目的があることが多くて、それに沿うように、デザイナーが案を考えるのですが、相手から出されたお題に対して、自分というフィルターを通して受け止め、そして形にしていく。そういうことだと私は思っています。
そういうことに少しでも気がついてもらいたいと思って考えたプログラムでした。
ニ子さんから「描きにくいナイフとお友達になる」また、「私は体と心全体を絵にあずけている」という言葉もありましたが、デザインもまさに、そういうことなのではないかと思っています。

この、それぞれのお題、実は成田亨さんの怪獣をもとに考えたお題。「成田さんはこんな怪獣をつくったよ。」と、最後にスライドで種明かし。成田亨さんの観ていたもの、気になっていたことを、ちょっと考えるきっかけがつかめたかな?ぜひそうあってほしいと思いながら、第一回目の創作プログラムは終了。

ということで、プログラム名はそのままでも、内容を変えて開催しておりますので、ぜひ、1度やったことのある学校でも、また挑戦してもらえたらと思います!

伊藤二子さんの公開制作 小学生が参加!

見学 体験
コミュニティギャラリーで開催中の「伊藤二子と八戸」展。
連日多くのお客様で賑わっています。
絵カき・伊藤二子さんの公開制作を、青森市立筒井小学校の6年生が訪れました。
ほとんどの子どもたちは、作家が絵を描いているところをみるのは初めての経験。
小柄な伊藤さんに対して、あまりに大きなキャンバスと、
特注のペインティングナイフの迫力に圧倒されます。
静寂の中、伊藤さんがナイフを走らせる音が響きます。
一言も言葉を発せず、伊藤さんの動きを凝視する子どもたち。

「誰か、かいてみたい人、いる?」
突然の伊藤さんの提案に、一人の男の子がそろそろと手を挙げます。
「じゃあ、このキャンバスに描いてちょうだい。何色がいい?」
初めて触るナイフに絵具が垂らされます。
恐る恐る画肌にナイフを押し付けます。
「失敗を恐れてはいけない、自分の描きたいようにかくの。」
力強い伊藤さんの声に、緊張しながら彼も必死で応えます。
見守る他の子どもたちも、まるで自分が参加しているかのような顔つき。
白い絵具が加わり、美しい紫色が画面に現れました。
その途端、湧き上がる歓声と拍手。
どの子も達成感溢れる笑顔になっていました。

美術館は、完成した芸術作品を展示するだけではありません。
今まさに芸術がうまれようとしている、その瞬間を感じてもらうことも、
美術館の大切な役割だと実感したひとときでした。

伊藤さんの公開制作は5月8日まで。
どんな作品になるのか、日々変化していく様子に目が離せません!

教員研修「平成22年度先生のための鑑賞講座」を実施します!

連日の悪天候にも関らず、美術館は今日も冬休み中の子ども達でにぎわっております。‥‥が、冬休みなのは子ども達だけで、学校の先生方は既にお仕事に励まれています。
今朝から丸1日、青森市小学校教育研究会図工部会の先生方60名が、工作、造形、鑑賞などについて研修をされています。熱心な先生方に頭が下がります。
さて、当館主催の教員研修「平成22年度先生のための鑑賞講座」の最終回を1月28日(金)14:00~実施します!
内容は、アートカード演習、ギャラリートーク体験、学芸員による作品解説、自由鑑賞(常設展・企画展)となります。参加を受付けておりますので、ご希望の方は美術企画課教育普及までお電話でお問い合わせください。
なお、参加は小中高・特別支援学校の教員に限ります。

お出かけ講座 実施中!

美術館について学ぶ アートカードゲーム ギャラリートーク
毎年11月~2月に実施している「お出かけ講座」。
県内の小中学校や特別支援学校などに美術館スタッフがお邪魔して、美術に関する講座を行います。(約90分)
今秋、最初のお出かけ講座は、弘前市立草薙小学校6年生の皆さん。
「美術館に行ったことがない」子ども達もいるので、美術館の役割を説明したり、写真などを見せながら美術館を紹介します。
その後、美術館の収蔵作品から選んだ50点をカード大にした「アートカード」を使い、ゲームを通じて美術鑑賞のきっかけを得ます。
3つのヒントから、どの絵のことを言ってるのかを当てるゲームや、絵と絵の共通点を探して並べるゲーム、3枚のカードを使って紙芝居のように即席でお話をつくってもらうものなど・・・
さらに、今年から、美術館内で実施している「ギャラリートーク」体験を導入。
全員でひとつの絵を観て、感じたこと、不思議だと思ったところ、どんなストーリー?等の問いかけを通じて、子ども達が絵から受け取る様々な印象・感情を吐露していきます。
初めは緊張の面持ちの子ども達も、絵を鑑賞する楽しさ、感じたことを口に出すことを体験して、美術がぐっと身近に感じられたようでした。
美術鑑賞は、知識や解説ありきではなくて「感じる」ことが大切です。
純粋な子ども達の言葉から、我々大人のほうが学ぶことが多い気もします。
お出かけ講座に興味のある方、学校の授業に美術館連携を考えていらっしゃる先生は、どうぞお気軽にご相談ください。

スクールプログラム「鑑賞+創作プログラム」の内容が変わりました

スケッチ 熱中して創作 あおもり犬完成
芸術の秋!連日、たくさんの学校が来館してくれています。2学期に入って多く実施しているのは、鑑賞と創作を組み合わせたプログラム。この夏から、より作品の理解につながる様な内容に変更しています。
「お土産になる作品を完成させること」ではなく、「作品を目で手で観る、創作に取組む時間を過ごすこと」を目的にしています。(作品は完成・未完成に関わらず持ち帰れます。)

1 あおもり犬をテーマにしたもの。
奈良美智さんの展示室でギャラリートークをした後、あおもり犬を間近でスケッチし、紙粘土であおもり犬をつくります。
2 奈良美智さんの絵をテーマにしたもの。
奈良美智さんの絵の質感を出すために、奈良さんと同じマチエルという手法を使って絵を描きます。
3 怪獣デザインをテーマにしたもの。
作家の成田亨さんが怪獣デザインをするときに決めていた三原則をもとに、オリジナルの怪獣をデザインし、デザイン画を描きます。

特に、紙粘土であおもり犬をつくるプログラムは大人気!多くの生徒さんが熱中して、あおもり犬の特徴を的確にとらえたスケッチを描き、手を真っ白にしながら紙粘土に向き合い個性あるあおもり犬を創作しています。
このほかにも、学校の要望などに応じて創作プログラムをすることができますので、ご相談ください。

蓬田小学校オリジナルプログラムで来館!

オリエンテーション 成田亨展示室 関野さんの版画
当館のスクールプログラムには、鑑賞ツアーや創作プログラムなど決まった内容のものから選択してもらうものと、学校が企画して当館と内容を相談して実施する「オリジナルプログラム」があります。
今年初めてのオリジナルプログラムは、秋晴れの9月15日、蓬田小学校が全校遠足として実施しました。
三内丸山遺跡と美術館を、地図を片手に、1年~6年の縦割り班(20班)に分かれて歩き、決められた地点で待っている先生からクイズを出されるというクイズラリーです。遺跡や美術館の作品をよく見ないと答えられないクイズに、班員の力を合わせて答えを見つけていきます。
美術館ではクイズの答えを探しながら、「これって何を描いているんだろう?」「すごい迫力」「版画だ!学校でやってるよ」と楽しそうに観てくれました。クイズはもちろん大正解!滞在時間が短く、名残惜しそうに美術館を後にする子供達。ぜひ今度ゆっくり来て下さいね。
オリジナルプログラムの相談は随時受付けています。詳細は教育普及まで。