6月の休館日(6/11)と「くまのがっこう展」について

6月11日(月)は休館となりますが、コミュニティギャラリーで開催中の「くまのがっこう展」(会期:6月9日―7月29日)のみ観覧いただけます。
※「くまのがっこう展」以外の展示(フランスと日本展、コレクション展、あおもり犬、八角堂)は観覧いただけませんので、ご注意ください。ミュージアムショップ、カフェ等も休業となります。

あおもり犬への連絡通路開通のお知らせ

全国の「あおもり犬」のファンのみなさま、お待たせしました!

少しお知らせが遅くなってしまいましたが、
4月20日(金)より、「あおもり犬」に通じる連絡通路が開通しました。

清掃により、ピカピカになった「あおもり犬」をぜひ見にいらしてください。

カフェ『4匹の猫』毎週水曜日の営業時間変更について

カフェ 『4匹の猫』では、2018年11月30日までの毎週水曜日、営業時間を次のとおり変更いたします。
ご迷惑をおかけいたしますが、ご了承の程よろしくお願い申し上げます。

営業時間 10:30 - 15:00 (14:30ラストオーダー)

※8/8、8/22は、通常時間で営業します。 10:30 -17:00(16:30ラストオーダー)

変更になる場合もございますので、詳しくは、カフェ、または運営先までご確認ください。



カフェ『4匹の猫』
TEL017-761-1401
運営:株式会社城ヶ倉観光
TEL017-783-4884

http://www.jogakurakanko.jp/yonhikinoneko/index.html
http://www.aomori-museum.jp/ja/guide/shop/

アレコ特別鑑賞プログラムと「シャガール 三次元の世界展」

アレコ1 アレコ2
シャガールの「アレコ」背景画は1942年、プーシキン原作によるバレエ「アレコ」のための舞台背景画として描かれた作品です。
縦約8.5m、横約15mという巨大な画面に描かれたこの作品は、各幕で描き分けられた、シャガールならではの鮮やかな色彩と、空を飛ぶ恋人達や鶏や熊、宙をかける白馬といったシャガール独自のモティーフによって、広大なアレコホールの壁面を飾る4点シリーズの絵画として鑑賞しても、圧倒的な迫力を感じさせる作品となっています。
 しかしながら、「アレコ」には、バレエという総合的な舞台芸術の一部というもうひとつの側面があります。今回実施しているアレコ特別鑑賞プログラムは、1942年の初演時に観衆に圧倒的な感銘を与えたというその舞台美術としての魅力を伝える試みです。「アレコ」背景画に舞台用の照明をあて、音楽とともにドラマティックに演出を加えながら、作品制作の背景、ストーリー、バレエについてなどを紹介するナレーションとともにご覧いただく約15分のプログラムは、「アレコ」全4点がそろっている今だからこそ実現した企画として、「アレコ」の、これまで見ることのできなかった魅力を引き出してくれます。
 特に、照明の効果は驚くほどです。第一幕の神秘的な青の中に鮮やかに浮かび上がる真白い月や、第3幕の不吉なまでに赤々と燃えさかる二つの太陽、そして第4幕、悲劇の後に、救済を暗示するかのように天に輝くシャンデリアといったモティーフは、照明によってより力強い説得力をもって迫ってきます。
 企画展「シャガール 三次元の世界展」の最後の部屋では、シャガールが絵画平面を超えて、三次元の世界に展開した取り組みとしての舞台美術という視点から、バレエ「アレコ」の上演当時の記録映像を上映しています。この企画展からは空を飛ぶ恋人達や動物たちといった「アレコ」へとつながるモティーフの変遷もたどることができます。
 「シャガール 三次元の世界展」「アレコ特別鑑賞プログラム」、ともに5月6日(日)まで。この機会に、ぜひともお見逃しなく。

H30年4月1日からバス時間が変わります。

青森市営バスとルートバスねぶたん号の時刻が4月1日より変更となります。
ご注意ください。

Instagramもよろしくお願いします。

‪Instagram 登録しました。‬
‪aomorikenbi‬

‪です。‬
‪4月1日から本格稼働します。‬
‪よろしくお願いします。‬
https://www.instagram.com/aomorikenbi/‬

青森県立美術館ソーシャルメディア運用ポリシー
https://www.pref.aomori.lg.jp/soshiki/kkokusai/bijutsukan/socialmedia.html
‪#Instagram #インスタグラム‬ #青森県立美術館 #青森県美

『鑑賞手帳』配布延期について

2018年3月17日(土)より配布を予定していた『鑑賞手帳』は、都合により配布を延期させていただきます。誠に申し訳ございません。
新たな配布日が決まり次第、HPにてお知らせいたします。

※配布を延期させていただいておりました『鑑賞手帳』につきまして、配布を再開しております。(10月2日現在)
詳細はこちらから。
by 普及スタッフ | 2018年3月19日 16:55 | お知らせ | トラックバック (0)

警報が注意報に変わりました。

現在の森の子20180301 現在の森の子そのに20180301
八角堂前森の子までの融雪道路には問題ありません。
森の子もお待ちしています。
現在の様子です。

大雪・風雪・波浪・なだれ・着雪警報が注意報に変更となりました。
相変わらずの空模様ですので、御来館の方はお気をつけていらしてください。

【大雪警報発令中】あおもり犬の観覧について

犬の前の窓の様子 犬の前の窓の様子2
現在、大雪・風雪警報が発令しております。

「あおもり犬」はガラスの着雪により観覧しにくい状況になっております。
観覧者様の御理解よろしくお願いします。

当館9:30より開館いたしますが、どうぞお気をつけていらしてください。

美術館正面駐車場の出入困難について→復旧しました。

2018年2月24日 10:30 情報更新

除排雪作業を行い、出入口状態復旧いたしましたので御報告します。

今後とも青森県立美術館をよろしくお願いします。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2018年2月24日 8:30現在の情報です。

当館除排雪が追い付かず、
正面駐車場の出入りが困難な状況です。
復旧作業中でございます。

6番出入り口前に身障者用駐車場がございます。


http://www.aomori-museum.jp/ja/guide/access/#parking
図の左下の「身障者用駐車場」と記載がある場所です。
※数に限りがあり、身障者の方を優先させていただきますので、御理解の程よろしくお願いします。

そちらも御案内できますので、小型車等でおいでの方は
お電話等でお問合せください。

017-783-3000



どうぞお気をつけて御来館ください。