ふぅー できた くるくる
7月25日、かざぐるま作りを行いました。
これは、毎月行っているキッズルームおはなし会の特別企画で、7月29日から開催する「馬場のぼる展」のプレイベントとして行ったもの。
馬場のぼる作の人気絵本「11ぴきのねこ」シリーズの読み聞かせと、ねこの手足などがくるくる回るかざぐるまを作りました。
かざぐるまの材料は、画用紙、わりばし、ストロー、針金と、身近にあるものばかり。
針金を曲げるところはちょっぴり難しかったけど、おとうさんおかあさん、作り方を教えてくれた青森中央短期大学のおにいさんおねえさんに手伝ってもらいながら、個性あふれるニャゴニャゴかざぐるまがたくさん出来上がりました。
ねこの手足が回るもの、ねこの周りでお魚が回るもの、中にはタケコプターが回るドラえもんまで!
できあがったかざぐるまは、手に持って歩くだけでくるくる回ります。
自分もくるくる回り過ぎて目が回った子がいたけど、大丈夫だったかな?

この絵本読み聞かせとかざぐるま作りは明日も行います。
かざぐるま作りは、10時から15時の間であればいつでも参加できます。完成まで30分から1時間程度です。
「11ぴきのねこ」シリーズの読み聞かせは、10時30分、11時30分、13時30分、14時30分の予定です。
場所は美術館1階にあるコミュニティギャラリーで、参加は無料ですので、どうぞお気軽にお立ち寄りください。

待ってるよ ニャゴニャゴニャゴ!
by 普及スタッフ |  2009年7月25日 18:40  | 普及プログラム

トラックバック

トラックバックURL: http://www.aomori-museum.jp/ja/blog/784/trackback