青森県立美術館では、絵画・映像事業などの面で進めてきた交流・調査を演劇の分野にも広げ、一歩踏み込んだ文化交流事業を展開することを目標に、韓国で現在、最も注目を集めている劇団「コルモックキル」(作・演出の朴根亨氏は2006年の韓国の主な演劇賞を多数受賞しています。)と青森県の演劇人との共同制作による「ソウルの雨」を制作することとしました。
「ソウルの雨」は、長谷川孝治青森県立美術館舞台芸術総監督が脚本・演出を担当し、両国での稽古を重ねた後、青森県内で合同稽古を行い、青森、ソウル、東京の3都市で上演し、特にソウル公演は、ソウル公演芸術祭2007に参加いたします。

また、劇団「コルモッキル」を主宰する朴根亨氏が台本を書き、演出をする演劇作品「ギョンスク、ギョンスクの父」を「ソウルの雨」のプレイベントとして上演することといたしました。
この「ギョンスク、ギョンスクの父」は、2006年の韓国の主な演劇賞を多数受賞し、また、「ソウルの雨」に出演する俳優も出演します。現在の韓国の演劇事情や、「ソウルの雨」制作の意義を最も適切に皆さんにお伝えるできるものと確信しております。

この「ソウルの雨」と「ギョンスク、ギョンスクの父」のチケットは本日からローソンチケットや、県内主要プレイガイドにて発売しております。

詳細はこちらをご覧下さい。
by 舞台芸術スタッフ |  2007年8月1日 16:33  | パフォーミングアーツ

トラックバック

トラックバックURL: http://www.aomori-museum.jp/ja/blog/346/trackback