読み聞かせ 創作 作品
すっかり秋の空になってきましたね。
遅ればせながら、9月24日に開催したおはなし会のご報告です。
今回は10月10日まで開催中の「THE SOUTH SIDEプロジェクト」に組込み、
時間を延長して11:00~15:00までの開催でした。

レモンが乗った八角堂や「喫茶部レモン」に向かうお客様が行き交う中、
創作ヤードにシートを敷いて、絵本の読み聞かせをスタート!
初の大型絵本「おかしなかくれんぼ」と「きょうはなんて運のいい日」を
楽しんだ後、縄目スタンプによる創作をします。
この日用意したのは、牛乳パックの底に縄を色々な形に貼り付けたスタンプ。
模様の種類は、なんと70個!!子ども大好きなスタッフ手作りです。
子どもたちは画用紙を手に、好きな模様のスタンプを探して動き回ります。
小さな子もお母さんに手伝ってもらいながら「よいしょ」と押しています。
様々な模様を組み合わせて、絵画のようにしている人もいれば、
同じ模様をつなげて、パターンを愉しんでいる人もいて、
子どもは子どもなりに、大人は大人なりに、独創的な作品を創作してくれました。

時間が長かったこともあって、大人の参加も多かった今回のおはなし会。
旅行で訪れた方、デートしに来たカップル、おばあちゃんと孫。
飛び入り参加できるワークショップは、色々な人が混ざり合います。
たまたま隣あった人に「こんな(模様)のもあるよ」と手渡したり、
作品を観ながら初対面の人と話をしたり。
アートを介したコミュニケーションは、秋風のような心地よさがありました。

次回のおはなし会は10月22日(土)11:00~12:00
テーマは「自然物で遊ぶ」です。
予約不要。参加無料。
汚れても良い服装で、キッズルームに直接お越し下さい。
どうぞお楽しみに。
by 普及スタッフ |  2011年10月2日 20:32  | 普及プログラム

トラックバック

トラックバックURL: http://www.aomori-museum.jp/ja/blog/1204/trackback